オプション内容も把握して決めよう

誰が投函作業をするのか

企業のスタッフがチラシを配布している間は、他の仕事に集中することができます。
これまでは投函作業に時間がかかってできない仕事があったり、あまり多くのお客さんにチラシを届けることができなくて困っていた会社も多いのではないでしょうか。
せっかくチラシを作ってお客さんにアピールしようと思っても、他の仕事に悪影響を与えたり遠くまで配布することができなかったら効果を発揮できません。
時間を有効的に使いたいなら、企業に任せた方が良いと思います。
スタッフと一緒に、どこの範囲まで配布すれば良いのかということも考えることができるのでアドバイスをもらってください。
作ったチラシを活かして、お客さんをどんどん増やしましょう。


投函する範囲を決めておこう

通信販売などは、日本全国どこでも配達することができるので遠くまでチラシを配布しても良いと思います。
ですがスーパーで販売する商品の説明は、近くのお客さんに情報が伝わらないと意味がありません。
遠くで暮らしているお客さんにチラシが行き渡っても、買いに来てくれないのでお客さんが集まりません。
チラシ印刷を任せる企業のスタッフに相談して、どこの範囲まで配達すれば良いのか決めてください。
定期的にチラシを配っていれば、リピーターを増やすことができます。
リピーターになってくれれば、これからも新商品がどんどん売れることを期待できるのでリピーター客を増やす意識を持ちましょう。
リピーター客が増えれば、良い噂が広まるメリットもあります。